topimage

2011-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事 - 2011.06.16 Thu

僕には演奏家をやっている友人がやっぱり多い。
プロなのかと言われれば難しいだろう。
何を根拠としてプロと言うのか。
1円でも給与が発生すればプロなのか、それともそれだけで
生活を送っていればプロなのか。
名刺の肩書きにミュージシャンって書いてしまえばそう解釈もできる。
非常に境界線が難しいんだよね。
そんな友人の中の一人が興味あるブログを書いてた。

演奏家のギャランティって誰が金額を決めるのだろう。
クライアントが決めるのかそれとも自分自身で決めるのか。
演奏家というものは原価が存在しない。要するに材料費だわね。
ま、存在すると言えばそれに費やした時間と、対応する能力と、技術料。
それって誰が決めるんだろう。

お金の話をするとどうしてもいやらしくなる。
でも普通、仕事をしている人ってのは
例えば、会社に行って仕事をして、月給や日給、時給があって
会社と契約を交わして与えられた仕事に対して書面上などで納得した上で
仕事して、お給料を貰うわけだよね。

それがミュージシャンの話になったり、芸術の話になったりすると
うまく進まない事が現実にある。これは昔からふに落ちない事もあった。
例えば13時に会場へ入り、リハーサルをし
本番終了が20時だとすれば、拘束時間は7時間。
時給が1000円だとすれば、日給7000円
この話をクライアントにすれば、はたして納得するのだろうか。
普通の仕事でだったら仕事が出来ようが出来まいが、時給計算なら
この給料は契約を交わしている限りキチンと支払うと思う。

ミュージシャンと言うことで現場でクライアントの仕事として演奏をしたにもかかわらず
給与が支払われないと言うケースがあったそうだ。

ミュージシャンや、音楽家としての捕らえられ方は非常に人によって異なり繊細
に違いないと僕は思う。
僕も昔、演奏家として、クライアントにお金の話をして、嫌われた事も多々あった。
でも、そこで思う事は、ちゃんと分かってる人はしっかり答えてくれるし
努力してくれる。
だからこそ、お金の流れと言うのはミュージシャンであったとしても
勉強しなきゃいけないと僕は思う。

例えば、ライブハウスを運営する為にはどんな仕事内容が必要でこういった所に
お金がかかっているとか、これだけの人が絡んでいるとか。こういうお客さんが来ると
お店が潤うとか。それは例えば飲食たくさんしてくれる人とかさ。

演奏する事が仕事なのかもしれないけど、知識として持っていても損は無いと思う。
演奏家をやっているから、この給料って言うけど、実は世間一般に見たら
妥当ではないかもしれない。実は高かったって事もあるやろうし
低すぎる事もあるかもしれない。それは一社会全体を見たときにどのラインが
妥当なのかが見えてくるんではないかと僕は思う。

クライアントは同じ立場の人間ではない。自分の思っている当然の事が違う事のほうが多いと思う。
違う畑の人とどれだけ共感して仕事をしてお互いに高めあっていくのかは
まずは相手の畑を知るという事はするべきだと思う。
そこである程度のラインが見えてきて、すり合わせが出来るんではないかと思う。

自分に見合った給与じゃなかったりした場合、なぜこの給与になったのか考えたことがあるだろうか。
それが面倒なら自分から提示して見合わなかったら断ればいい。
それでも雇ってしっかり協力してくれる相手は大事にしたらいい。
仕事を請ける側は、演奏できるからといって軽はずみな対応は決してせず
責任をもって対応しなければいけない。
僕達を使っていただいた事によって、相手になんらかの儲けや先に何か繋げれる要素を
もたらせないといけないんと僕は思うんです。
それが僕は仕事だと思う。

なんかこんな話してるとやっぱり嫌らしくなってしまうけど
音楽で生活する、お金を発生させると言うことは
なんら普通の社会と変わらない。
だから、例えば、一企業がどういった仕事の流れをしているのかなんかを
知っていて、同じように音楽でも行動をとって行く事は大事な事だと僕は思うなぁ。

僕自身今は演奏家で無い部分の音楽関係の仕事をしてます。
演奏家をやっている頃より遥かにシビヤです。
ステージに立って演奏したり、レコーディングして、CDが形になっていったり
リハーサルで曲の完成度が高くなっていったりする事は
非常に楽しい。
でも、そこで勘違いしたら駄目なんだと思う。必要とされる人がいないと
仕事は成り立ちません。

ライブをする、演奏をする。CD製作をする。
誰でも出来ること。今の時代、子供でも出来ることなんです。

仕事にする、給料を頂戴すると言う事は、給料を支払う側にもメリットがあって
お互いに責任感を持ち、互いに信頼関係を持って行動する。
相手の責任とか、自分の責任とかじゃなく、お互いがいないと
仕事にならないわけだし、相手の事を十分に把握しておくべきじゃないかと思う。

その友人が話していた場所は大阪の某ライブハウス。
演奏家を雇っていないと言うことになり、給料が支払われなかったのだという。
ニュースにもとりあげられたそうだ。
しかしながら、大阪から遠く離れている、私。
そのライブハウスの評判はもう何年も前から知っていた。
僕だったら仕事は請けないだろうな。
仕事をするということは相手の状況も知っておくという事。

あぁなんか意地悪いブログになってしもたな。
ま、ミュージシャンで生計を立てるってのは非常に自分に責任もてないと
やってけないって事だよね。
自分ももっと責任もてる人間にならんとなぁ。口で言うのは簡単なんだよね。
ガンバロ。
スポンサーサイト

日記 - 2011.06.12 Sun

日記を書こう。
今日は、朝起きて植木に水をあげました。
お仕事に行きました。
今日は日曜日。人がたくさん来ました。
色んな人と気持ち良い会話が
たくさん出来ました。
次に繋がってくれるといいなぁ。

気付いたら色んな所が痛む。
運動不足やなぁ。

ま、でも、今日みたいな日があるから
頑張りたいとって思うんだよな。

マナーが良い人悪い人。
どんな立場であろうと
それなりにわきまえるべきだと
俺は思う。
お客さんだからって何してもいい
とは思わないし、何させてもいいとは
俺は思わない。
ライブをよくやってた頃から
ずっとかわらない。
互いの立場を尊重しあわないと
いい会話もできないし
気持ちよく終われないと思う。

なかなか難しいのかもしれないけど
その気持ちは素直に持っていても
いいのかなと思う。

暑くなってきてバテそうになるけど
がんばるしかないべ。

時間 - 2011.06.05 Sun

時間が経つのが早く感じる。
やること山積みやからかなぁ。
ノルマも山積み。
そうすぐにはクリア出来ない事だらけ。
時間をかけないと出来ない事もあるさ。
しかし、はよせ~ってせかされる。
そりゃ分かるけどわたしゃにも
方法を知る時間が欲しい。
なんでもかんでもできません。

ま、即戦力と思われてるやろな。
嬉しい事やけどそう簡単にはいかん。

時間が欲しいね。ゆっくり流れを作れる時間が。

ま、焦らず行きたいね。
がんばろ。

梅雨 - 2011.06.03 Fri

しばらく日記が空いてしまいました。
今年ももう6月です。半分っすよ。早いですね。
なーんにも出来てないような気がする。
年々時間がたつのが早く感じるわ。
梅雨入りしてジメジメした日が続いてます。
気分もスッキリとしませんが
一生懸命やっとるわけで。
そうそう、ただいま我が家では
家庭菜園中。トマトとパプリカ
それとパセリを育てております。
パセリはでっかくなりすぎて
こないだ弁当に入っていましたが
育ちすぎでかたくなってしもてました。
トマトはというと
始めは失敗して、ダメにしちゃったけど
現在は順調。無事育ってます。
はやく実をつけてもらわないと
時期が
終わってしまいます。
パプリカも順調。
花もさいて、実がつくのを待っておる感じです。
梅雨時期は水やりもしなくてよいし
いがいに楽チンです。
そんな日々を過ごしているなか
わたしゃはこの歳になって
新しい事に挑戦することにしました。
ま、自分のなかでですけどね。
これで人生また変わるかもしれません。
気長に頑張りたいと思います。
暖かかったり、雨が降って寒くなったりと
体調を崩しやすい日が続きますが
体だけは崩さぬよう
気を付けて行きたいと思います。
この夏はたぶんメッチャ忙しくなる。
すでにわかっとるんです。
その為にこっちに来たようなもんですから。
今からどうなるか不安でいっぱいですが
やるしかないからしゃーないな。
この夏は根性だして頑張るぞ~。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最近の記事

Ryota Nishino

リンク

天気が気になる!


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。