topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味のある日 - 2006.07.31 Mon

いやーこの連日はとってもいい日々だった。

7/27日 TOZYのライブに参加。この日は、#2、カミナリグモ、サカヒカリと競演。
#2はいい仲間だし、カミナリグモ君は以前メイデンで対バンして仲良くなって。東京からきてくれて、問題はサカヒカリですよ。正直バンド名が変わったの知らなかったんです。行ってみてビックリでした。彼らはギターとギターボーカルのデユオなんだけど、今は東京で活動中なんです。
知り合いだったんです。元は神戸の人たちで。。
7.8年ぶりの再会だったんです。しかもバックメンバーは、当時神戸で彼らと一緒にやってたドラマー。彼も同じくらいぶりで、しかもベースは、俺と一緒にステージにあがったゆうすけで。これにもビックリ。
ある意味同窓会です。久しぶりに集まったなぁって感じで。
そして期待通りT2楽屋はやってくれます。これも何年かぶりだったんですがやっぱいい箱やなーって思いました。箱(会場)ってすごい大事で、お客さんがその箱の雰囲気にまとまってるんですよ。いったい感があるというか。何か独特なものを持っているのは確かです。
みんなお互いに頑張ってて、いい意識がお互いに再確認しあえたと思います。実際音楽もみんな良かったし。いい音楽をやっているアーティスト達にはいいお客さんが付いているってのも再確認しました。
お客さんのレベル正直高かったです。こっちが安心させられました。
ほんと意味のあるイベントにしてくれた、スタッフの皆さん。お客さん。演奏者達。ありがとう。こんなイベントにまた参加したいと思いました。

そして、7/29 十三テハンノ 小濱君とのライブ。
意外にもテハンノは俺にとってはじめての箱。
正直言って小さな所なんだけど、ギューギューになった。
この日はカホンをピックアップしたイベントで、中村きよひとさんのバックに、ヒロト。
そして俺。ピアノジャックの、もりっきー。
そう去年鳥肌感。で集決したカホンメンバーがそれぞれのアーティストとして競演したんです。
本人たちのライブももちろん楽しくよかったんだけど、終わったあとに
三人揃って、お互いのプレイの盗みあい。
やっぱ、お互いなんやかんや言ってもライバルであり、自分のプレイやモチベーションを高める、いい仲間なんですよね。
ほんとこれも意味のある一日だった。
企画者、中村きよひとさん、スタッフそして共演者のみんな、ありがとうです。

さらに今日(日にち変わっちゃったから昨日か。)7/30。
8/19に控えたスマイルエレメントの出演者が集まって、交流会です。
川沿いでバーベキューしながら、あーだこーだ、本番よろしくとか、相談のったり、のってもらったり、いろいろ音楽について話したり、
いい時間だった。ま、川でnico-laのうらっちと相撲して倒されて、お互いにずぶぬれになって。でも楽しかったぁぁ。ほんと本番が楽しみや。

そのあと俺はお先して、東京から一時帰省してる中学の時の同級生の友人とご飯に行って。ちょうど、T2楽屋の時にしりあった、レーシングドライバーの高崎君を連れて3人で行ってきたんです。関西でお好み焼き食べたいって言うからお好み焼き食いにいって。
どちらもものごっつい人なんです。帰省してる友人は、加藤君て言うんだけど、前にbbsに書いたかな。テニスプレーヤーで、一線でプロとして日々活動してるやつで、高崎君は、F3のレーサー。あのHON●Aと5年契約組んでたすごい人。
これも面白い話で、加藤とは、中学卒業して、あいつは柳川に移ってから全然連絡がとれてなかったんです。でも、何年か前、T2楽屋で偶然にも再会して、高崎君も、T2楽屋で知り合って。加藤は車好きなん知ってたから。なんかね、そういうのんってあるじゃないですか。お互いご飯いきたいなぁって言ってたし。タイミングみたいなのが。
正解でした。というか、一線でやってる人てのは、自然とお互いのメリットを産み出していくし、話のポイントがうまし!!
それが、仕事の話でもプライベートの話であっても。
彼らはそこまでは当然考えてないとは思うけど、お互い話しててやっぱためになるし、面白い!
なんか無駄がないのよね。うーん多分ストレート過ぎるくらいストレートなんだろうね。
たわいもない話もするんだけどね。
中学の時誰が好きやったんとか。あいつとあいつ今どないしてんのやろーとか。こんな状況の時ってあるよなー。うん!あるある。わかるわー!とか。
みんなそれぞれの悩みがやっぱどこかにあって、それだけ苦労もしてる。
そんで、3人とも揃って、『メンタル』って大事やんなーて言ってた。
技術や体力ももちろんだけど、モチベーションとかやっぱ一番出るって。加藤なら試合。高崎君ならレース。俺ならステージ。
もちろん本番のメンタルもそうだけど、そこに行くまでの時間をどう過ごすか。本当に大事。インストラクターとして3人とも共通の部分があって、やっぱ気をつけるポイントや、教え方なんかも、すっごい似てて
例えば、テニスのスイングのフォーム。体のつくりに応じてしないといけない事。レッスンする時って、自分はある程度できてるから、パッ!!とか、サ!!とか、こーで!とか、表現出来ない事の多さに気づいて。体の仕組みの勉強とかしてるって。ドラムで言ったら、体にあわせたフォームじゃないと腰や肩、手首なんか潰してしまう。モーラ奏法ってヤツで。テニスで言うスポットも一緒で。ドラムにもショットポイントがあって。そんなんとか、
生徒さんである程度できる人が来るけど、癖が付いてある程度できてしまっているから、それ以上を求めるには、やっぱ癖を取って、時間かかるけど、そーせんと伸びないとか。
この年齢になると、ちょっとプレイしなかったり、触らなかったりすると、腕が落ちる具合が大きいよなーとか。
やっぱみんな思ってることは良く似てる。

こーやって頑張ってる人間が揃うってのはこれから先、自分のプラスにきっとなる。こーいった仲間がいるだけで、俺もガンバラらなーって思えるんです。お互い意見交換しあって。
どんなジャンルであっても、どこかできっと共通点があって、自分の環境を高めあえる事ができるんだなーって改めて思った。
ホントここ何日か、いい時間を過ごせてます。
明日からもまた頑張らないと!
スポンサーサイト

ごめんなさい。 «  | BLOG TOP |  » 電車に揺られて

最近の記事

Ryota Nishino

リンク

天気が気になる!


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。