topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやはや - 2007.07.08 Sun

いやはや。新大阪を出ました。帰ります。
それにしても、上京後発になる関西での時間。本当に楽しく送る事ができました。
これも、大変忙しい中呼んでくれたイベンターさんやアーティストさん、
そして、その場を協力していただいた会場のスタッフさんや、なにより盛り上げてくれたお客さん達がいてくれたからだと言うことを先に言わせていただきたいと思います。
本当に皆さんに感謝いたします。
ありがとう。
今はね、新幹線の中。始めは、家に帰ってからゆっくりこの関西での日記を書こうかなとも思いましたか、時間もたくさんあるので、頑張って携帯から書いてみようかなと思います。
改行とかおかしくなるかもですが、お許しを。
神戸に着いた当日。一番始めに顔を合わせたアーティストさんは、中村きよひとさんでした。
僕を今回一番始めに関西によんでいただいたのも彼。
きよひとさんは、今回で9回目になるイベント
「肌で感じろ!」というイベントを企画しています。まず、9回目ですからねぇ。素晴らしい。単純に考えて、1回5アーティストの出演としても、
45アーティストをブッキングし、イベントを企画しているのです。その苦労はきっと半端なものではありません。
これはきっとイベントを企画したものにしかわからないと思います。
ライブ当日だけではない、当日までの準備や広報や営業。本当に凄いです。
そして、毎回成功し、反省点も残しつつ、次へと反映させる。勉強させられるものがあります。
あ、話が離れてしまいましたが、そう。まず初日は中村きよひとさんとのリハーサルから始まりました。
きよひとさんとは神戸にいるときに何度かご一緒させていただいて、今回のメンバーも同じメンバー構成で、知った顔ぶれ。
正直、本番まで時間がなかったので、リハーサルでちゃんとまとまるかなと思っていましたが、本番までにはやはりそこはみなさん流石で、きっちりいい感じにまとまりました。
そして、関西2日目。
日記にも書きましたが、小濱君とのライブ。
天候はあまり恵まれなかったですが、本番時間には雨もやみ、たくさんのお客さんに集まっていただきました。
小濱君は、その肌で感じろにも出演だったので、その打ち合わせも兼ねて2日目はスケジュールを作りました。
やはり少し見ないうちに、成長が見れますね。偉そうとかではなく、本当に。
練習してるんだろうなぁとか、ライブ以外の会話1つにしても、考えが具体化してきている所とか。
感化されますねぇ。
ライブも大盛況に終わり、暖かいお客さんにも囲まれ、2日後に控えたライブに向かっていい感じでした。
この日、会場へ来てくれたみなさま。ありがとうございました。
そして3日目。
この日は、嬉しい事に、僕が関西に帰ってくると言うことで、こっち時代の僕の生徒さんが是非ともレッスンをしてほしいとの事で、レッスンに。
そして、夜はきよひとの最終リハーサルでした。
過去に日記で書いた事もあるんですが、その生徒さん。小学校一年生なんですよね。しかも女の子。
当時はまだ幼稚園だったのね。
それにしても、小さな子供ってのは成長が著しいですわ。もちろんドラムの腕というか、吸収する力っていうのか、それもなんですが、体自体もちょっと見ないうちにすぐ大きくなって。
その子、ほんま根性あるんですわぁ。
頑張ってるから、やはり僕としては、教える内容のレベルも上げて行くわけですよ。
でも、始めは当然できないでしょ。そこを出来ない自分が悔しくて悔しくて、泣きながらドラムを叩くわけです。
もちろん保護者の方が前に付き添っての状態なんでご安心を(笑)
でね、だんだん自分でその難題をものにしていくんですよ。
正直あの吸収力は驚かされます。だってレッスン内容は大人の人がやってる事となんら変わりわないですからね。
言うんですよ。その子が。
先生には負けへんからって。私もプロに絶対なるねん。ほんでもってスガ★カオのバックでドラム叩くねん!って
言い切るんです。
ほんま見習うで。10年後まだ彼女がこのままの気持ちでドラムを続けていたとすれば、きっとかなり凄いミュージシャンになっている事でしょう。それでも彼女はまだ17才。
はぁ~。歳を感じるなぁ~。
いや!そんな事はない。歳は歳なりに、その時にしか出せない音色や味がきっとあるのだ!
だから、僕は、その時になっても彼女に認められているように、日々精進なんです。
僕のライバルの1人ですわ(笑)
そして最終打ち合わせ。もーバッチリです。
確かに個人それぞれの各自での反省点はありますが、それぞれ自分で分かっていれば良いこと。
誰がやって出来るものでもないし、時間のかかる事もある。
それに気づいていない事のほうが致命的。
反省点を持つ事、気づく事っていうのは本当に大事な事だし、満足してしまえば、そこで止まってしまう。1つクリアしたらまた問題にぶち当たる。そうでないと僕はダメだと思うんですよね。
なのでみんな今出来る事のすべては出せていたんではないかと思います。
そして、4日目。
中村きよひとバンド、小濱達郎ともに本番。
この日は他にも、三ツ矢君や、TAA君、風人雷人やTADPOLEも出演。久しぶりに出演者全員1人残らず全員が、知り合いだったんですよ。
そりゃ嬉しいですよ。そんな中会場にお客さんとして、カホンのヒロトや、オトシンのみどりちゃんや、大柴までいたからね。
なんやこれって感じ(笑)
それぞれと会話を交わす。ほんまたわいもないこと。
でもこれがよかったりする。本番前のモチベーションが保たれるんですよね。
で本番スタート。
僕の出番は、始めに中村きよひとバンド。そして、続きで小濱達郎だった訳で。こんなタイスケももうなれましたねぇ。
嬉しい事です。僕のフィルからのスタート。結構、一番最初にドラムからスタートして音をだす機会が多いんだけど、やはりこれだけはいつまでたっても緊張します。
この一発でお客さんの反応だったり出演者のモチベーションがある程度わかってしまいますから。
一発の音ってのはドラマーに限らず、緊張するんですよ(笑)
そんな中ライブはスタートをきりましたが、もう安心です。反応があったから。
中村きよひとさんの
「オノリョータも帰ってきてるでぇ~」
ってなしゃべりに、拍手が来た。
暖かかったぁ。その時改めて、一生懸命やらな!って思えたんですよね。もうそこからは無神です。楽しむ事だけ。それがお客さんに伝わって、楽しんでくれたらそれでライブは大々成功なんですよ。
そりゃもちろん演奏がどうとかあるかもしれないけど、それは各自がそれぞれ反省したらいい事なんです。
にしても、トラブルもなく演奏もうまく行っていたと思います。
何が嬉しいって、もちろんお客さんが暖かかったのはもちろんの事、主催者であるきよひとさんが今までも楽しかったけどそれ以上に楽しめたと言ってくれた事です。
よんでくれてほんまありがとうございました。
さて、この日記長いなぁ。今?豊橋。
ちょっくら休憩です。

スポンサーサイト

いやはや2 «  | BLOG TOP |  » 5日目

最近の記事

Ryota Nishino

リンク

天気が気になる!


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。