topimage

2017-09

いやはや2 - 2007.07.08 Sun

ここまでこの日記を読んでくれてありがとうございます。長いでしょう。でもなんせ5日間分なので長くなってしまいますなぁ。完結に書いたらええんやろうけど、その場その場で思った事をやはり書きたいし、書かないと、携わってくれた人たちにも失礼だと思うから。
屁理屈っぽくなってるかもしれないけど、そこはどう思われようとかまいません。でもやはり、自分を少しでも気にしてくれるお客さんの事を考えたりすると、何があったのかはちゃんと報告するべきだと僕は思っているので。

さ、一休みも終わりましたし、続きを。

で、なんやっけ??
あ、そーそー。そんな感じで中村きよひとさんとのステージは楽しく無事終了。
引き続き、小濱君とのステージ。
衣装着替えよかなぁと思っていたんだけどそんな間もなく、少し汗をかきながらのカホンでのスタート。
カホンを叩いてて思った事は、このカホン鳴ってるわって事でした。
よーさん働いてくれてるからねぇ。どんどん出音がよくなってきてる。そして音響さんもやはり素晴らしい。スッゴい心地よかったんですよ。
だから本番も気持ちよさ倍増です。小濱君はね、相変わらずの笑顔で、一緒に演奏してる相手が笑ってくれてると自然とこっちも笑顔になってしまうんですよね。
いつも通り安定してて、会場を小濱ワールドにしていました。いや~。楽しかった。彼は8月にワンマンライブをするんですよ。これまたデッカい所で。
もちろん、僕も出させていただきます。また詳しくはスケジュールにアップしますね。

そのほかのアーティスト達もみなさん楽しくて、
あ、さっきの出演者書いた時、旭君かくの忘れてた。旭君、見てたらごめ~ん。

そーそー。みんな良いステージで、終始楽しまさせていただきました。イベントはやっぱこうでないとね。
そして、呼んでいただいた、きよひとさん、小濱君。本当にありがとうございました。
きよひとさんなんか、イベント自体を仕切ってたからほんまに大変だっただろうと思います。お疲れ様でした。
そしてなにより来てくださったお客様。ありがとうございました。僕は基本、ドラムやカホンの事しかわからないけど、僕の演奏聞いて、感じた事を伝えてくれたお客さんがたくさんいてくれました。
ありがとうございます。嬉しかった。その言葉を今後もより良い方向へ行くようにこれからも頑張っていきますので、僕も含めみんなで関西の音楽シーンももっと良いものにしていきましょう。
これからも応援よろしくお願い致します。

そして、関西5日目。
この日は、これもまた嬉しい事に、西岡ゆうこさん(なんか俺が"さん"つけるの慣れへんから以降"ゆぅ"にします。お許しを(笑))
がライブに誘ってくれまして、地元神戸でライブだったんです。
本番前、少しリハーサルをしたんですが、急遽、一曲鍵盤を弾く事になりまして。
この日はターチン改めてピュアカラーが企画と言うことで、初めて行くライブカフェだったのもあり、いつもに比べて少し緊張していたんですよ。
到着するまではね。でも、凄くスタッフさんが気さくで良い人ばかりで、緊張ほぐれました。
やはり知らない場所の初めてお会いする人達とは少しであっても会話をする事で、僕の場合モチベーションがとても良く時があります。大事ですねぇ。
なので僕の場合はできるだけそういった時間も作るように心掛けています。
で、ゆぅとのライブ。彼女も相変わらずです。天然というかなんというか。彼女のキャラクターのいい所ですね。
お客さんをあっと言うまに、食いつかせてしまうんですもん。もちろん楽曲や歌もそうなんですがその、きっちりした歌と天然さのギャップが今の彼女の一番の魅力になっているんではないでしょうか。
それを良い意味で楽しんでいるお客さんもきっと多い事だと思います。
んで、カホンは順調に進み、問題は鍵盤。初見で、経験なし。やっぱ間違えた。しかもごまかせなかった。まるわかり。
ま、でも終わりよければ全てよしと言うことで(もちろん反省してます)ライブは楽しく終了いたしました。
この日は七夕だったのもあり、その会場にいたみなさんは短冊に願い事を書いて笹に飾りました。
願い事??
それは、言えません。願い事ですから。
でも、今後も毎日が楽しめるようなそんなような事を書きました。

ピュアカラーも(なんかなれへんな)久しぶりに会えたし、僕に遊びに行ける新しい場所がまた1つ増えてまた楽しみも増えました。
最後に出演者全員で、セッションをしたんですが、もちろんセッションだからみんな合わせるのはその場な訳です。
結果は...
グダグダでした。惨敗です。でもお客さんが凄く暖かくて、みんなで楽しく笑えて終了する事ができました。
ゆぅ、ピュアカラー、誘っていただいてありがとうございました。
そして、ご来場いただいたみなさんありがとうございました。
実は、そのお客さんの中に、元azのさよりがいまして。そしたらさよりが、三宮で、これもまた知り合いの後藤のよっちゃんがストーリートをしているという情報をゲット。終了時間が早かったので、
覗きにいったんです。そしたら演奏自体は終わっていましたが、本人とはお会いする事ができて。
たわいもない話。すると、そこにはカホンが置いてありまして。
nico-laのベースうらっちでした。
RYOKOのライブに時間的にどうしても駆けつける事ができなかったそうで、よっちゃんとストーリートをしてたようです。
うらっちのカホン。所有者は実はまた別の人なんですが、俺も一時使わせていただいた事がありまして。
その時よりもはるかにエエ音してました。やっぱ楽器は生き物ですねぇ。性格変わりよるもんね。で、なんでうらっちがカホンやねんと思いながらも、せっかくなので、まだまだカホン初心者うらっちに、いろいろ僕なりにアドバイスを。カホンとかドラムは、叩くフォームとかがおかしいと、もちろん出音や演奏もそうだけど、体をおかしくしちゃうんですよ。
なので無理のない叩きかたを少し伝授。ってかベースやのにカホンうまくなられてもまたライバル増えてそれもまた困るんだけどね(笑)
で、みんな電車の時間もあったので、
またね~いいながら、解散。
で、今、この新幹線の中に至る。
日記には書いていないけど、それ以外にも知り合いミュージシャンに偶然会ったり、高校の同級生に現場であってビックリしたりと、いろんな事が、ありました。
今回僕とお会いした方々、支えてくれた方々。本当にありがとうございました。
関西はこれもまたちょこちょこ来ますのでその時はまたよろしくお願い致します。
少しずつだとは思うけどさらに良い報告がみなさんにできるように、これも頑張っていきたいて思います。
だってみんな頑張ってるからね。俺も頑張らなって素直に思うんです。
余談になりますが、この5日間、実家で寝泊まりしてたんですよ。ま、父も母も元気なのはなりより。でもそれぞれの悩みもあって、なかなか事がうまくいかないものもあるんだなとヒシヒシと感じました。
それでもライブが終わって遅く帰ってきて、お風呂に入る訳ですよ。
あ!しまったバスタオル!ってな時に、寝ていた母が、何も言わず、俺が気付かないくらい、そっとタオルを置いてくれていたり、
頑固者のめんどくさがりな父が、荷物があるから、そこまで行くからついでに駅まで車乗ってけや!っていう、些細な事かもしれないけど、そんな大げさじゃない心遣いが、なにより嬉しかったし、親ってやっぱ凄いなぁと再度、カッコええやんって思いました。
親から学んだ事は絶対に忘れてはいけないと思いました。

さて、関東に帰るのですけども、明日は落ち着く暇もなく、とある音楽会社さんとの打ち合わせ。
それと、知人の個展を見に行く予定です。

さぁて、ほんとここまで長々と、みなさん本当に読んでくれてありがとうございました。
自分で書いててもナガッ!って感じなので。
関東でも引き続き頑張っていきたいと思います。では、またみなさんお会いしましょう。
現在、左手には富士山が見えて、、、
おりません。そんなうまくはいかないものです。(笑)
でもそれもまたそれで楽しいですね。
スポンサーサイト

なんか «  | BLOG TOP |  » いやはや

最近の記事

Ryota Nishino

リンク

天気が気になる!


-天気予報コム- -FC2-