topimage

2017-10

臨場感 - 2008.02.19 Tue

色々音楽をやってて、共通する部分たくさんがある。
乱雑に商品をただ置いているように見えて、そこには意図がしっかりある。
この商品は、実はこんな使い方や、全く違うジャンルの商品との共通点を持っていたり、
手に取りにくい陳列だったり、あえて、見えにくい場所に、陳列したり。
想像力や、宝探しのような、そこに人を立ち止まらせるような遊びや、興味を引きつけるような仕掛けをしたり。
ただ、綺麗に整った陳列の仕方は、本当の、専門店でいい。
うちにはいろんな商品とのコラボレーションが出来るはず。
ライブとよく似てる。
発表会になってはだめなんよね。
その場にいる臨場感だったり、次はどんな事してくれるんだろうみたいな興味。
だまされたけど笑えるような、しかけ。
いろんな楽しみかたを、フィクションも混ぜつつ、リアルに臨場感を出さなければいけない。
雑然とした中での、意図したもの。
ただ商品自体の楽しみだけではなく、そこにプラスアルファ、他の楽しみを付けていかないといけない。
曲を聞きたいなら、ただCDを買えばいいだけの事。
ライブに行くのはハプニングだったりその場のサプライズを楽しみたいからだ。
動きのあるものにしていければいいな。
スポンサーサイト

内覧会 «  | BLOG TOP |  » アドバイザー

最近の記事

Ryota Nishino

リンク

天気が気になる!


-天気予報コム- -FC2-