topimage

2017-10

長い2日間が。。(Nae編) - 2006.10.03 Tue

そして翌日、日曜日。
『Nae interctive Live 2006』

これは本当にプレッシャーでした。
半年ほど前、Naeさん本人に、ライブを手伝って欲しい
っていう話があって。。。
その後主催であるAC/DCフィールドカンパニーさんから
こんな企画を考えているんだけど、音楽サイドを仕切ってもらえないか
という話をいただいて。
『CDを再現したいんだ』っていわれたんです。
正直、無理だと思った。レベルが高すぎる。
そして僕も今までにやったことの無いライブだったし。

でもこれはチャンスだと思った。
ミュージシャンサイドは僕がほとんど揃えた。
まず何をコンセプトに人を集めたら良いのか。
個人的な事でしかないかもしれないが、一線のプロは
金額を払えばいくらでも雇える。
でも、そーじゃなくて、僕の周りのミュージシャンたちを
使ってもらうことで、それぞれが意味のあるものにしてみたかった。
そして、演奏はもちろんだけど、人間的にも分かり合える、信頼できる人をえらんだ。

改めてこの場でも紹介したいと思います。
まず、

音響担当、
北川君。
北川には、当日CDをだしたんだけどそのリマスタリングもやってもらいました。北川はもともとメイデンボエッジでオペレーターをやってて
その時からの友人です。

四重奏、ファースト担当
水野真梨子
松山和司のバックや、ベースのテッチャンのイベントで友達なって。
4弦は水野さんに担当してもらいました。

コーラス担当、
Miho
ミポリンです。ムゾカバンダってバンドで歌歌ってる。
二コラでもピアノ弾いたり、いい姉ちゃんって感じ。

そして、
ベース担当
新井洋平。
言うまでも無い、俺の昔のバンドメンバー。

ギター担当。
伊野アキヲ。
これもまた言うまでも無い元バンドメンバー。

正直これだけのメンバーを集めて、まとめるのは厳しいと思った。
このほかにも
シーケンス担当の
Neo君。
Naeさんが紹介してくれたんだけど、彼もまたバンドマンで
僕もよく知っている人だ。

でもほんとみんな人柄がよくて、トラブルがあっても
みんなフォローしあって、思ってた以上に事が進んだと思う。

ライブでの感想はたくさんある。
インスタレーションの松尾君。
スクリーンに映像と音楽を連動させる。

ライブに関してもたくさん楽しいことがあったが、バンドマスターとして、それぞれがここまでまとまってくれたって事のほうが僕にとっては
大きい。もちろんそれがあってライブは成功したし。

ライブでの細かな感想はまた書こうと思う。
でもこれだけはいえると思う。こんなライブは僕の周りでやった事は
ないだろう。ライブの新しい形を一歩前進させた気がする。もちろんみんなの力で。
ドラムが燃える。ステージに花火が上がる。
なかなか無いことだと思うな。
ほんとこの経験はきっと凄いもんになると思った。

スポンサーサイト

カホン月 «  | BLOG TOP |  » 長い2日間が。。。(小濱編)

最近の記事

Ryota Nishino

リンク

天気が気になる!


-天気予報コム- -FC2-