topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー - 2010.02.17 Wed

バンクーバーオリンピックも
前半戦が終わろうとしています。
日本勢も頑張ってますね。
バンクーバーは行った事はないけど
世界的にも住みやすい街だそうです。

ニュースはオリンピックの明るい話題を一生懸命伝えてる。
予定してなかった連休で、そのニュースを見ております。
最近、ここの所、身体が疲れていましてね・・・
ちょっとハードだったわけで。精神的にも体力的にも
この休みは、ぐっすり寝させていただきました。
外にお出かけしようかなとは思うけど
嫁はお仕事だし、外は雪がちらついてるし。
寒いの苦手。

最近レンタル屋さんでがっさり借りたCDを聞いて
ゆっくり過ごしてます。
ダニーハザウェイ・タワーオブパワー・ビートルズリマスター盤
などなどたまにはゆっくり、コーヒー飲みながら時間を過ごす。

こないだ実感した事があってね
音楽を趣味にしている人達は、演奏する場所を
探している。
もちろん演奏をしたいという気持ちもあるけど
いろいろ話を聞くと、交流できる場所が欲しいのだと。
今まで、僕はそれを当然のように思ってきた。
でも普通はそうじゃない。
交流できる場所を見つけるにも一苦労なんだと。
だから、出来るだけそういう場所を提供したいと思った。
プロの方々対象じゃなく、もっともっと一般の人達に。
今の自分の環境だから出来ることだと思った。
これがライブハウスだったらまた話は別だろうと思う。

僕達がライブハウスに行って当然かのように交流
を深めるのと、温度差を感じたのは事実だ。
そういう人達の方が僕等よりももっとハングリーだし
常識的だった。
僕は自分が経験してきた事を知らない間に
それを当然だと思い、間違った方向に
進んでいたのではないかとも
思うくらい自分を疑ってしまった。
初心に戻ったような気がした。

自分が経験者という過去は事実。
これは、誇りだと思う。
でもそれがエゴにならないように
これからどううまく付き合っていけるか
もっともっと考えなくてはいけないと思う。
それをいかして、いい形で出来る事はいっぱいある気がする。

現役を今は退いているからといって
音楽環境はもっとレベルが高い所にいるのをじわじわと
実感している。
演奏技術とかそういった所じゃなくてもっと違う部分で。
芸術という分野はきっとなくならないんだと思う。
ただ、色んな形の常識が時代時代で生まれて
その芸術に対して、認められる世の中であるかどうか
だと思う。

こないだとあるテレビで目も見えない、耳も聞こえない
"障害者"といわれる人が言っていた。
障害者と言われるラインは何なのか。
何を理由に障害者だと言われるのか。
障害者と理由をつけられ、事がうまく進めていけない事が障害だと。

流行は合って当然のもの。
でもそれを理由に流されてはいけないものもあると思う。
デフレスパイラル。今だからこそあらためて考えなきゃ
いけないんじゃないかと思う。

このオリンピックで明るい話題が増える事を
願って、応援したいと思いマース。
スポンサーサイト

流行 «  | BLOG TOP |  » クタクタ

最近の記事

Ryota Nishino

リンク

天気が気になる!


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。