topimage

2017-10

仮面 - 2016.10.21 Fri

この月曜から金曜日までリフレッシュさせて頂きました。
ありがとうございました。

プライベートな事も含め
気になっていた事を少しですが、クリアになった気がします。

その中でも、30歳前半までどっぷり浸かっていた
「音楽」に携わるという事には再確認したかった部分が
たくさんあって、そんな機会を設けたかったのも事実。
こんな機会なので、たまには「音楽」について真面目に長々とブログを書こうと思う。

「音楽を仕事にするという事」
音楽を仕事にすると言ってもいろんな業種があるわけで。

・演奏家(ミュージシャン)・作詞家・作曲家・アレンジャー
・楽器販売員・マネージャー・講師・イベンター・音響屋さん・照明さん
・コンサートスタッフ・エンジニア・楽器制作・リペア
まだまだありますが、色んな職種があるわけで・・・

昔、よく
「音楽でメシ喰っていくにはどないしたらええんですか?」
って聞かれました。
メシ食っていくにはどーしたらいい?って言い返したいわけです。
家賃払って、光熱費払って、食事して、家族養って。
拘束時間10時間。
バイトでもなんでも時給800円だったら、800円×10=8000円+交通費。
普通の事でしょ。

ライブをしたいならライブハウスがいる。
ライブハウス、タダで運営は出来ないよー。

働いている人の生活がかかっています。
店に儲けが出る出ないは出演する、その場を仕切る側にあるんです。
そこまで責任を持ってライブやってますか?
でも普通の事です。

なんにしても、仕事ってニーズがあるから成り立っているわけで。
需要と供給ってやつです。需要が少なければ単価が上がる。でもそれでも必要な人がいるから
商売が成り立つわけです。

需要が少なくても必要な人がいるのであれば、単価が上がろうが成り立つんです。
成り立たないイコール需要が無いんです。

「じゃあどーすればいいの?」
やれる事やってから言って。っていつもなる。

いろんな人が今までやってきた100の事を10くらいしかやってないのに
そんな事をいう時点でダメなんじゃないでしょうか。
今は情報がすぐ手に入る。見本はいくらでもあるんです。
また、流行はサイクルするんです。ファッション業界なんかは分かり易い。

自分に置いてみれば、今、息子が仮面ライダーにハマってる。
今の仮面ライダーのテーマ「ゲーム」
父親の私はファミコン世代。
今の仮面ライダーの胸元にはゲームのコントローラーが配置されているんですよ。
わかります?このサイクルの話。

それでもだめなら・・・、ま、ここまでやって話してくるミュージシャンはほとんどいない。
というかすでにそういう人は次の事をしてる。

よく隙間産業って言うけど、これはやっぱりアイデアなんだと思う。
ニーズを新たに作るのか
それとも、こんなん欲しかったんよーって言わせるのか。
こればかりはアイデアだと思う。

耳から血が出るくらい考える。私、この言葉好きなんです。
でもまず、自分が欲しいものって何だろうから始まるんだと思うな。

色んな可能性を考えるんです。他業種であっても勉強するんです。
どこにヒントがあるかわかりません。視野を広くスポンジのように音楽以外も吸収するんです。
だから私は、ほかの楽器も触るんです。

実際にあった話を。
昔、僕らの音楽を聴きに来てくれるお客さんがいました。
普段、ビルメンテナンスで消防関係の仕事をしているそうです。防火管理ね。
実は昔、防火設備の点検のバイトを私、してました。
お客さんとその話になって、へ―って、音楽以外の話で、その場盛り上がったのを覚えています。
でも、そーゆーのって大事だと思うんですよね。

とある営業さんが、商品を売りに飛び込みで家に伺いました。
お部屋に、自分が知っているレコードのジャケットが飾ってありました。
売りたい商品とは全然関係ないのに、その話で盛り上がりました。
信用が生まれました。
商品売れました。営業さんの勝ちです。

ライブを見に行きました。
ライブ音源のCDを物販で販売してます・・・

別にライブ見に来てるんやからライブ音源いらんし。
ユーチューブで見るし。なんならもうすでに見てるし。
それやったらライブ見に行くわ。
ライブ音源はあくまで思い出。
もしくは見に行けなかった人が買うもの。

そんな事を考えてそーゆーCDを物販してる人はさて、こんな事を言っている人の中に
どれだけいるだろーか。
私だったらライブ会場では、ちゃんと家でも車でも聞けるレコーディングした音源が欲しい。
だってライブは見に行った方が絶対楽しいもん。
だから近年はFESとかが成り立つんじゃないのかなぁ。

これ、自分で自分の首絞めてると私は思う。
お客さんがまだまだこれからなミュージシャンならなおさら。
レコーディング。手間もお金もかかる。
ライブ音源はその場の音を録音してCDに焼けば・・・
(もちろんマスタリングとか手間もあるとおもうけど・・)

また、誰か敵に回すなw

そーゆー事なんです。
ちゃんとお客様の立場になって考えれているかという事なんです。
自分がしたい事と、お客様が納得してくれるかどうかという事は違うという事です。

音楽はあくまで一つのツール。道具。
私にとってドラムやカホンもそーなんです。
それをただ使っていただけなんです。

ようはニーズに答えれるかどうか、もしくはニーズを作れるかどうかだと思う。
色んな視点から、色んな物事を、見る、知る、経験する、相手の立場になって考える
よく会社の社訓に書かれている事だと思います。

でもそこが足りなすぎるんです。
ミュージシャンは、芸術家、アーティストだと思っていたいから。
思ってていいんです。
でもそこも考えるんです。
それが一流です。
考えているからこそ、
余裕があるんです。商品に成りきれるんです。ブレないんです。

ながなが音楽について書きました。
地域の音楽が盛り上がらないんよー。
そりゃそうだわ。って思ってしまう。

趣味は別として、
音楽するって甘くないよ!誰でもできるものじゃないよ!だからプロがいるんやで!
って、今の私だから言えるような気がします。
長々書いて誰が読むんやろか。自己満でいいんです。

「トット、仮面ライダーのガチャガチャしたい!!」

ゲームのカセットのようなアイコンで変身をし
さらにレベルアップをして変身する。
まさに父親になる世代までターゲット。
息子は知らないから新鮮。
流行はサイクル。そしてアイディアなんです。
game.jpg
スポンサーサイト

集中 «  | BLOG TOP |  » 日常

最近の記事

Ryota Nishino

リンク

天気が気になる!


-天気予報コム- -FC2-